保育方針

遊びを大切に考えている保育

遊びには幼児が育つためのたくさんの要素が含まれています。やりたいことを自ら見つけ、思い切り遊ぶことで、探求する心、考える力、創造性、社会性などがはぐくまれ、それが生きる力となります。

キリスト教保育

キリスト教の精神に基づく人格教育を基本とし、一人ひとりの子どもを尊重していくことで、愛の心、感謝する心を育てます。子ども一人ひとりが神様に愛されている存在として生きることを大切にします。

自然を生かした保育

恵まれた自然環境の中で、花や虫など命あるものへの関心が芽生え育っていき、命の大切さを感じるようになります。園内の畑で育てた野菜を収穫し、調理することによって、収穫の喜び、自分たちで作ったものを味わう楽しさを知り豊かな感性が育っていきます。


幼稚園が大切にしていること

(1)「心を育てる幼稚園」

1人ひとりの子どもを尊重し、大切にします。

(2)「幼児期の成長を支える体験は、“遊び”であると考える幼稚園」
子どもが自ら考え、主体的に遊ぶことは成長にとって、さらには生きる土台を築くうえで重要であると考えています。なぜなら、遊びを通し、さまざまな体験をして探究する心、自主性・創造性等を育むことができると考えるからです。心豊かな人格を形成していくことを願い“遊び”を大切に保育しています。

(3)「自然との触れ合いを大切にする幼稚園」
恵まれた自然環境の中で動植物を育てたり、近隣へ園外保育に出かけ、探索したりする中で四季の変化や生命の輝き、はかなさに心を動かす体験を大切に考えています。幼稚園の畑で育て収穫した野菜や果物を使って子どもたちが料理し、収穫の喜びをわかち合います。

(4)「無理に教えこまない幼稚園」         
幼児期に大切な遊びや生活の中で子どもが主体的に考えたり、工夫したりすることです。保育者主導の受け身の学びではなく、友だちと心を合わせたりしながら知的好奇心を満たします。また、たくさんの良質な絵本と出会い、想像する楽しさを知り、感性が豊かに育ちます。



保育時間

原則として9:00~14:00 
水曜日は9:00~11:30
土曜・日曜・祝日は休園です。

預かり保育を行っています。

在園生親子に園庭開放をしています。(保育終了後15:30まで)

給食・制服はありません。


園バスについて


幼稚園では2台のバスで4つのコースを運行しています。

 2018年度

「大型バス」 

みずいろバスコース 藤沢市ライフタウン方面

ピンクバスコース 茅ヶ崎市本村、北茅ヶ崎、甘沼方面

 「中型バス」

あかバスコース 茅ヶ崎市赤羽根、松林、高田方面

みどりバスコース 茅ヶ崎市鶴が台、香川、みずき方面

 

 

※園バスの運行時間は、8:30~9:30頃となっております。現在運行しているコースの各バス停の到着・出発時間等はお答えしておりません。ご了承ください。

 

 

 

 

 



園児数

2018年度

3歳児48名

4歳児60名

5歳児60名

各学年2クラスとなっております。


教職員構成

2018年度

園長1名

主任2名

各クラス担任6名

補助教員3名

補助員2名

事務員1名